Topics
Report

英大手百貨店による最新の取り組み John Lewisが紳士服レンタル開始・Selfridgesがコスメ売り場刷新

高嶋 一行|Kazuyuki Takashima
Showcase Tokyo代表・在英ライター|AILメディアパートナー
執筆者

 英国を代表する大手百貨店「John Lewis(ジョンルイス)」と「Selfridges(セルフリッジズ)」では、顧客体験の充実を図る新たな動きが見られます。「John Lewis」の紳士服レンタルサービス、そして「Selfridges」のコスメ体験スペースについて、それぞれ在英メディアパートナーより最新レポートをお届けします。

John Lewis|紳士服のレンタルサービスを開始へ

 「John Lewis」は紳士服のフォーマルウェアのオンラインレンタルサービスを開始する計画を発表しています。このレンタルサービスは、同社がすでにウィメンズウェアのレンタルサービスで提携をしている英国発のファッションレンタルプラットフォーム「Hurr(ハー)」を経由して提供される予定です。

 

「John Lewis fashion rental」オンラインレンタル専用サイトのトップページより

 

 「John Lewis」では従来より、ウィメンズウェアのレンタルサービスを展開していましたが、多数寄せられるニーズに応えるべく、メンズのフォーマルウェアにも進出。レンタル参考価格は、ディナージャケットのセットアップを4日間レンタルで40ポンド(約8,000円)からで、サイズは34~46に対応しています。また、レンタル期間は最大30日間で必要に応じて翌日配送も可能です。「Hugo Boss(ヒューゴボス)」や「Charles Tyrwhitt(チャールズ・ティアウィット)といった紳士服ブランドが現在サービスを通じてレンタル可能です。

 「John Lewis」では、2022年よりウィメンズウェアのレンタルをスタートさせ、会員数は前年比52%増、レンタル数は40%増と利用者を順調に伸ばしていることもアピール。 ‘Mens Rental’のキーワードは過去18ヶ月間の検索ワードでトップ30に常にランクインしており、需要の高さがデータとして現れています。Global Online Rental Report(グローバルオンラインレンタルレポート)社によると、紳士服レンタル市場は2027年までに30億ドル(約4,700億円)規模になると予測されています。


参照:
https://johnlewisfashionrental.com/
https://fashionunited.uk/news/fashion/john-lewis-launches-mens-rental-service-responding-to-significant-demand/2024052375723
https://uk.fashionnetwork.com/news/John-lewis-dives-into-menswear-rental-with-high-street-s-biggest-platform,1635635.html

Selfridges|化粧品売り場を改装 雇用と体験スペース拡大へ

「Selfridges」に新たに設置された体験スペース「The Beauty Spot」

 

 同じく英国の大手百貨店「Selfridges(セルフリッジズ)」では、地上階にある化粧品売り場を改装しリニューアルオープンしました。これまでストックルームとして使用されていたスペースも売り場として拡大し売り場面積を最大化。売り場では300以上のブランドの品揃えが充実しているほか、その多くが「Selfridges」限定商品の取り扱いとなっています。

 また、「Selfridges」では1,000人以上の専門スタッフを雇用し、200以上の美容サービスを提供しています。有名ブランドから小規模なブランドまで幅広く展開し、新しい才能を育てる役割も担っています。

 さらに、「CHANEL(シャネル)」「PRADA(プラダ)」「Dior(ディオール)」といったラグジュアリーブランドを含む74ブランドで詰め替え用のリフィル商品を用意。「2025年までにすべてのブランドが詰め替え商品を取り入れることを約束」するなど、サステナブルに注力する先駆的なリテーラーとして、顧客提案も拡充しています。

ビーガンコスメブランド「Refy」公式オンラインサイトより)

 

 今回の売り場改革の中でも、体験を重視するスペースの設置が話題に。「The Beauty Spot(ビューティスポット)」という名称で、実験的なビューティコンセプトを提案できる30平方メートルのスペースが用意されています。そこでは、2020年設立で話題のビーガンコスメブランド「Refy」が今月から4ヶ月間の限定で体験型ポップアップスペースを展開しています。

参考記事:英国を代表する百貨店Selfridgesの「PROJECT EARTH」の取り組みから学ぶ、率先したサステナブルな売り場作り【EU最新小売トレンドレポート】


参照:
https://uk.fashionnetwork.com/news/Selfridges-completes-transformational-beauty-hall-renovation-opens-the-beauty-spot,1636417.html

執筆者

  • 高嶋 一行|KAZUYUKI TAKASHIMA

    ファッション専門学校卒業後、渡英。「ELEY KISHIMOTO(イーリー キシモト)」にてデザインアシストを経験。現在は英国を拠点に日本ブランドの海外セールスを行うエージェント「ShowcaseTokyo」を運営。東京ファッションウィーク参加ブランドなど、日本のデザイナーズブランドの海外進出や新規取引先開拓の支援を行っている。 パリファッションウィーク期間では年4回それぞれのシーズンに営業担当する日本ブランドと共に参加。バイヤー向けの展示会を開き、ヨーロッパを中心に海外のお店やバイヤーとの取引を進める。