Topics
Report(Member)

後払いアプリKlarna(クラーナ)が目指す「Eコマースのまとめ役」とは

高嶋一行
Showcase Tokyo 代表/在英ライター
執筆者

 「BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」と呼ばれる後払い決済サービスをアプリとして展開するKlarna(クラーナ)。日本では馴染みのないKlarna(クラーナ)ですが、現在、世界中で確実に利用者を増やしており、2021年には1億5,000万人のユーザーを抱えるほどになりました。

 Klarna(クラーナ)の主なサービスは「後払い」です。クレジットカードのサービスと違う点としては、「無利子」で後払いや分割払いが利用でき「審査も簡易」であることが挙げられます。イギリスでは主に10代や20代などの若い年齢層を中心に支持を得ており、「いま、お金がなくても気軽に買い物ができるサービス」として利用が広まっています。オンラインショッピング需要の高まりに比例し、イギリス内ではBNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)自体の需要も高くなっています。2021年のイギリスのEコマース消費額のうち、後払いサービス利用は約130億ポンド(約2兆円)を占めていました。今後2025年には、この数字が倍増するとされ、イギリス内のEコマース支出のうち、およそ12.1%にあたる約360億ポンド(約5兆7,600億円)が後払い利用になると予想されています。

これより先はメルマガ会員限定記事です

執筆者

  • 高嶋一行

    Showcase Tokyo 代表/在英ライター

    英国を拠点にファッションブランドの海外セールスを行うエージェント「Showcase Tokyo」代表。ファッションウィーク期間中に日本ブランドの展示会を行うなど、ヨーロッパを中心とした取引先新規開拓をサポート。